2月23日、24日と体験会を行いました。

春とは名ばかりの厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は23、24日に開催した体験会の様子をお話ししたいと思います。

 

何度か体験会を開催させていただき、今回も無事に開催することができました。

内容は以前と同じ粘土細工ですが、ホップステップスタディの特色を生かすため、机の位置を工夫させていただきました。

今回からは机を壁に向けることによって注意散漫を抑制し、お友達が作っている様子がチラチラ見ることができるよう、パーテーションは設けませんでした。

この環境での子供の様子は、とても取り組みが良く、「あの粘土使いたい。貸して~。」など、子供同士のコミュニケーションも思いのほか多くなっていたと感じています。

粘土細工も「好きな果物を作ろう」というタイトルでしたが、気が付くと皆思い思いの作品を作っていました。

スタッフも気が付くと果物に目をつけたりと、子供達の創造力を手本に作品を作っていました。

ホップステップスタディの1日の流れとして、スタッフと予定を決めますが、それを必ずやらなければならないというわけではありません。

その日、その時間、子供達の意欲に合わせ様々な経験を積み、時には失敗しそれをプラスにする。そんな場所にして行きたいです。

お話がそれましたが、これからも体験会の開催を計画しております。

また、見学はいつでも可能でので、気軽にご連絡ください。

作業療法士  内田