こんばんは。

寒い日が続いていますが、1日でも早く冬が終わってほしいと思っている寒がりの齋藤です!

今年2回目の更新になります。今年はたくさんブログを書けるように頑張ります!

今回は2月3日の節分に向けて書きたいと思います。

節分と言えば豆まきということは皆さんご存知だとは思いますが、

なぜ豆まきをしなきゃいけないかは知らない方も多いと思うので(勝手な想像ですが笑)

今日は由来などを少し書きたいと思います。

節分とは、季節の変わり目を意味します。

昔は、せち分かれと言って立春、立夏、立秋、立冬の季節の始まりの前日を節分

と言っていたそうです。

しかし現在では冬から春になる立春の前日の2月3日が節分として残ったそうです。

また、立春は1年のはじめと考えられていて立春の1日前の節分は大晦日にあたるそうです。

節分は悪いものを追い出して、素晴らしい春を迎えるために、春の節分だけが行事として残った

そうです。

鬼になぜ豆をまくかというと、季節の変わり目には鬼が出るといわれていて、節分に豆をまいて

鬼を追い払うということは室町時代からずっと続いているそうです。

鬼が暴れているときに、神様のお告げで豆を鬼の目に投げたら退治できたからという説もあり、

その他にもたくさん諸説があるそうです。

その節分のイベントをホップステップでは2月3日に行う予定です。

豆まきに向けて児童たちに節分の意味を少しでも知ってもらうのももちろんですが、

1番に楽しんでもらえるように企画を練っている最中です!

現在は児童達に当日使う自分たちの鬼のお面を作成してもらっています。

自分で使える子には安全に配慮しながらハサミを使ってもらったり、折り紙を張ってもらったり、

それぞれの児童に合わせて作成し、いろいろな鬼が続々出来ています。

今月は鬼のお面ですが、ホップステップでは毎月工作週間を設けています。

 

まだあと2週間ほどありますが自分も楽しみになってきました(^◇^)

その他、ご不明な点等ありましたらお気軽にお問い合わせください。