皆さんこんにちは、本日もいいお天気ですね!

連休の方は、最高のお出かけ日和です!

そんな連休も、宮前区、高津区、梶が谷のホップステップ放課後等デイサービスは、元気に子供たちに療育を行っています!

本日は「s−m社会生活能力検査」について書かせて頂きます。

⬇️
http://www.geocities.jp/tokusyukyouiku/s-m.html

s−m社会生活能力検査は、アメリカのドル博士が考案されたものであり、児童が成人になるまでに必要な社会において必要とされる生活能力を検査するものです。

1、身辺自立
  
2、移動
  
3、作業
  
4、意志交換意志交換
  
5、集団参加
  
6、自己統制

の、六つの領域にわかれており、乳幼児から中学生までの130項目の一つ一つの生活能力を現状と照らし合わせ測定するものです。

例えば39番は、「簡単な衣服の着脱ができる。」

57番は「数字やひらがなのひろい読みができる」等です。

100番台になると、「はじめてのところでも人に道を尋ねたり、地図で調べて目的地へ行ける。」というように難易度が高くなっていきます。

これらをそれぞれの課題に合わせ目標に設定していきます。

施設での時間の中にこの目標達成の為の活動を盛り込んでいき、支援していきます。

s−m社会能力検査については、5月15日(日)の講演会でも説明があります。まだ、申し込まれていない方は、是非ご参加をおすすめ致します。

また、高津区、宮前区、梶が谷のホップステップ放課後等デイサービスでは、いつでもご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。