こんにちは。

高津区、宮前区の放課後デイサービス、ホップステップでは、

本日運動プログラムの後に児童に風船を膨らましてもらうことに挑戦し、そのあとに風船遊びをしました。

子供たちは風船で遊んでいるときはもちろんですが、汗をかくくらい楽しまれていました。

今回は遊んだ内容ではなくなぜ風船を膨らましてもらうことを児童に挑戦してもらったかを

紹介したいと思います。

風船を膨らませようとすることで、子どもの呼吸する力を鍛えると酸素の取り込み量がアップし、

健康だけでなく、言語発達にも大きな効果があるそうです。

言語発達には、顎・唇・舌などの筋肉が協調して微妙に動くこと、

そして、ゆっくりと息を吐き出すことが出来るということ(呼気の調整)

がポイントとなってくるそうです。

このことから、風船を膨らませたり、シャボン玉で遊んだり、ラッパを吹いたりすることは、

言語発達に効果があるそうです。

今回は膨らませることが出来なかった児童もいましたが、継続して無理のないように行っていき、

最終的には膨らませることが出来るようにしていきたいと思っています。

このように高津区、宮前区の放課後等デイサービス、ホップステップでは

様々な方法で療育、支援を行っています。

何かご不明な点ありましたらお気軽にご連絡ください。

齋藤