こんにちは。
高津区、中原区の放課後等デイサービスのホップステップスタディです。
台風のニュースを見て心配しています。すっきりしない天気が続いていて、梅雨が明けた後の方がまるで梅雨のようですね。今回は家の中で遊ぶことができる工作を紹介します。

子どもたちが大好きな木のおもちゃのクーゲルバーンを、家にある材料で工作してみました。
材料はトイレットペーパーの芯と、段ボール、色画用紙、ペットボトル(底の部分をカットして受け皿に)です。見た目をカラフルに可愛らしくして、それぞれ好きなキャラクターを貼って自分だけのビー玉ころがしが出来上がると、さっそくビー玉を転がして遊んでいました。
最後までビー玉が止まらずに転がるかな?
うまく受け皿までビー玉が転がって入ると大喜び!

先生が作った見本のビー玉転がしとつないで長くしちゃおう!
子どもたちからあそびのアイディアが出て、どうしたらうまくつなげるか試行錯誤も夢中で行います。スタッフはその試行錯誤が成功するように黒子になって支援します。
こうやって楽しい遊びや、興味のあることから子どもたちの自発的な行動が少しずつ増えていくのです。

発達に課題のあるお子さんたちは何もないところから遊びを作り出したり、自由に発展させていくことが苦手な傾向がよく見られます。
スタディでは、工作そのものができることだけをねらいにしているのではなく、工作のなかで得られる経験を通して、自発的な遊びのバリエーションを増やしたり、試行錯誤することを支援して問題解決する力につなげたり、子どもたちの発達の裾野を広げることも考えています。

高津区、中原区の放課後等デイサービスのホップステップスタディーでは楽しい工作や遊びを考えてお待ちしています。