こんにちは。
ホップ ステップ スタディーです。梅雨になり、湿度の高い日が続いてジメジメしていますが、スタディーではお子さんや保護者にまた来たいと思って頂けるように、見ても、作っても楽しい工作を用意してお待ちしています。

今回の工作は紙の砂絵です。カラフルできれいな作品が出来るように、テーマは虹にしました。準備は色画用紙をシュレッダーにかけて細かくし、砂のようにして使いました。みんな虹というテーマでは作りますが、最後にそれぞれのお子さんが好きなキャラクターを切って貼ることで、オリジナルの作品が出来るようにしてあります。

両面テープを一気にはがしてしまわないよう、番号をふっておきました。はがしたところだけに細かく刻んだ色画用紙を貼りつけていきます。
渡した紙を容器をひっくり返して一気に乗せて大胆に行う子や、細かい紙を丁寧に一つずつ時間をかけて貼りつけていく子、上からパラパラと少しずつ紙を乗せていく子など操作や、やり方はそれぞれのお子さんによって違うので、お子さんの様子を見ながら楽しくきれいにできるように対応しました。

仕上げのキャラクターは、はさみで切り抜いて貼るようにしました。切り方はそれぞれのお子さんの理解やはさみ操作で、成功するように段階づけた準備をしています。
➀はじめから切り抜いてあり、貼るだけにしておく
➁短冊状にして直線だけで切る
➂キャラクターを四角く線で囲っておき、直線で切る
➃キャラクターの周囲を丸く曲線に切り抜く
➄キャラクターの形に合わせて切り抜く

このほかにも紙の大きさを変えて小さくしておいたり、A4用紙のままで渡したりと普段のお子さんの様子をみておき、その都度変えて対応しています。

それぞれの虹が完成するとお子さんたちは自分の操作で出来た達成感を持ち、迎えに来た保護者に嬉しそうに見せて話し、満足して持ち帰ってくれました!。

このような準備は過保護と思われることもあるかもしれませんが、何も配慮をせず、難しい状況で失敗を繰り返し、自信を無くさせる必要はありません。
お子さんたちの成長や発達を丁寧にみて、変化に合わせて対応を変えていく必要もありますが、たくさんの「出来た!」実感の積み重ねが次への取り組みや、チャレンジにつながっていきます。スモールステップから自己肯定感を育み、将来への大きな一歩につながっていくことを考えています!