皆さんこんにちは!ホップステップスタディはゴールデンウィークにも子どもたちが来てくれています!

武蔵新城の放課後等デイサービスの天井には、工作で作った作品を展示したり、遊びに活用できるバーがついているんですよ!
このバーは色々な活動で活用でき、今回は巨大な立体こいのぼりを子どもたちが作り、ただいま展示中です。

この工作は子どもたち同士でグループに分けて、協力してコミュニケーションを取りながら、作成することを促しました。
操作は、細かく切ったビニールテープを部位によっていろいろな方向や色を分けて張りつけたり、手元に注意を向けるように意識して行うことが出来ていました。

最後に新聞紙を丸めて、みんなでこいのぼりの中に詰めて、立体的に仕上げました!

自分たちで協力しながら作ったこいのぼりをみて、子どもたちは嬉しそうにしていました。

この大空に向かうこいのぼりのように、子どもたちにも元気に育っていってほしいですね!