春というのに寒い日が続きますがお元気にお過ごしでしょうか。

今回からスタディに届いたプログラムに使う道具を数回に分けてご紹介したいと思います!!

第一弾はこれ!ペグボードです。見たことがある方は多いのではないでしょうか。「ペグボードって高齢者のリハでよく使われるんじゃ」と感じている方も多いでしょう。もちろんお子様にとっても有効なんですね。

それではペグボードの簡単な効果を説明します。ペグボードとは規則的に並んだ穴に鉛筆と類似したペグを挿していくものです。

ペグをボードに挿す作業は難易度が高い作業になります。指先の巧緻性や親指と人差し指でものを掴むピンチ力の維持・向上に効果があるとされています。さらには空間認知能力の維持・向上と幅広いトレーニングを行うことも魅力の一つです。

 

 

 

 

鉛筆を持つことが苦手なお子様や、自分と物の距離感がつかみにくいお子様にはとても効果的でしょう。また、とても細かい作業になるので、必然的に集中力の向上にもつながります。

まずはお子様の発想に任せてペグボードをどのようにして遊ぶのかを見るのもいいですね。そのあとに「3分間で何本挿せるかな?」「10本を何秒で挿せるかな?」などの課題を設定することで、お子様のやる気やモチベーションを高めていければと思います。

お子様と一緒に行い、ペグボードでいろいろな遊びを探していきたいです。

髙橋