8月11日に山内先生も参加し利用者様を中心にした皆様で、座談会を開催致しました!

相談内容は多岐にわたり、

「普通級での勉強が大丈夫なのか?」「45分間の授業に耐えられるのか」等の就学前の悩みや、「学習面」、「進路」の悩みなど共有し考える良い時間となりました。

山内先生の話の中には、長期にわたり不登校だった児童が、得意な教科を伸ばし教育大学に進学した事例等、指導者側としても勇気づけられる内容が多くありました。

ホップステップでは保護者様の児童との関わりをサポートするため、このような機会を設けております。利用者の皆様は是非ご活用下さい。

以下にご参加された保護者の皆様の参加された感想を掲載させて頂きます。

「将来を見据えて早めに動く事で就職に繋がると思うので、関東の学校やサポート施設をもっと知りたいです。先日◯◯学校を見に行きました。他にもありそうですが、情報集めが難しいです。本日お聞き出来た事は、とても参考になりました。なんとか中学を卒業して、高校資格をとって働けるようになってほしいと願っています。大人になったら結婚して母になってほしいですね」

 

「今日はどうもありがとうございました。具体的なお話を聞けて10年後15年後の子どもの姿あってほしい姿を描く事が出来ました。子どもの将来を考えると正直辛いのですが、前向きでパワフルな先生の話を聞くと少し楽になります。子どもの良いところにもっと注目して長い目で成長を見守って行きたいと思います。また機会がありましたら参加させて下さい。どうもありがとうございました」

 

「自分が知らない先のお話を聞かせて頂いてすごく勉強になりました。今就学の通級と支援級どちらが良いかも色々考えていたので、今後の参考にさせて頂きます。先の事が見えにくいので、色々な方のお話も参考になりました。」