こんにちは。

高津区、宮前区の放課後等デイサービス ホップステップの齋藤です。

毎日30℃越えで暑い日が続くと思いますが、水分補給をこまめにとって

熱中症には気を付けましょう。

熱中症は炎天下特有のものではなく、湿気の多い時期や曇りの日、日中だけでなく夜間、

屋内でも起こる可能性があります。温度が高い、ムシムシする、日差しがきつい、風がない、急に暑くなったなど、

体内の熱を体外にうまく放出できず体を冷やせない状況にあるときは、

どんな時、どんな場所でも注意が必要です。

室内では無理はせず、扇風機やクーラーを活用し、適度な気温、湿度を保ちましょう。

もし外出先などで体調に異常を感じたら、風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内へ。

きついベルトやネクタイはゆるめ風通しを良くし、

体からの熱の放散を助けます。

皮膚に水をかけ、うちわや扇風機などであおぎ、体を冷やすのも方法の一つです。

いかに早く体温を下げることができるかが悪化させないポイントです。

のどが渇いていないから、汗をかいていないから大丈夫と思いがちですが、

すでに体液が減少している場合も。いつもより尿の色が濃く、量が少ない場合はすでに体内の水分不足が起こっています。

のどが渇く前からのこまめな水分、塩分補給が脱水症、熱中症予防には大切です。

熱中症の発生は、当日の水分、塩分不足だけではなく、数日前からの不足が原因で発生します。

常日頃から水分と塩分の補給を心がけましょう。