こんにちは!ホップステップの晴れ男亀本です!

ホップステップの活動を紹介したいと思います!

ホップステップでは、児童が早い時間に入室する日には、小グループに分け、近くの梶ヶ谷第一公園に出かけています。
公園に行く前には、毎回、約束事を決めて行きます。
先生と手をつないで公園まで行くこと、公園では、先生の近くで遊ぶことなど、約束を守りながら楽しく自由に体を動かしてもらうようにしています。

公園では、遊具で遊んだり、山を登ったり、シャボン玉で遊んだり、ボールで遊んだり、普段室内では、出来ないことを体験しています!

室内での運動も一つ紹介したいと思います!

今回は、初めて行なった波跳びを紹介したいと思います!

波跳びは、スタッフが大縄を持ち移動し、「波がくるよ!」などの声がけをしながら、
児童に跳んでもらったり、しゃがんだりし、避けてもらう運動です。
波のスピードを早くしたりすると、児童は楽しそうな声を上げて、必死なって避けています。

普段、自分から縄に向かって跳びに行くことが難しい児童もいるので、スタッフが縄を持って動くことによって、
なかなか運動に参加してくれない児童も跳んでくれることを狙いとしています。

縄跳びを普通にやるのではなく、波として行うことによって、児童の興味を惹くけるように心掛けています。

今度も子供達が楽しいと思う運動を行なっていきたいと思います!