こんにちは!

昨日まで2泊3日、はるばる秋田まで研修に行っていて、

とても寒く、帰ってきて川崎は暖かいな。

川崎はやっぱりいいな。

と感じている齋藤です。

今回は運動のことにつきまして少し書かせていただきたいと思います。

その前に子供の成長というのが成長することだということは皆さん

知っていましたか?

子供の骨の両端には骨端腺と呼ばれる部分があり、その部分が成長することで身長も伸びて

行くといわれています。

その骨端腺は大きくなるにつれて徐々に、なくなっていってしまうので、子供が小さいうちに

跳んだり走ったりして骨端腺に刺激を与えていくことが大事だと考えられているそうです。

また、人間の脳や神経は子供の頃に大きく成長するといわれており、特に神経系の50%以上は

3歳までに完成するといわれています。

身体を使った遊びは単に体を鍛えるだけでなく、向上心や社会性なども育てられます。

 

様々な運動にはこちらの8つの運動能力が組み合わさっているといわれています。

1.走る

2.跳ぶ

3.投げる

4.柔軟性

5.リズム

6.素早さ

7.力の入れ方

8.バランス

 

になります。

例えばこのようになります。

・鉄棒の逆上がり・・7.力の入れ方、+5.リズム+8.バランス の組み合わせ

・縄跳び・・2.跳ぶ+5.リズム+7.力の入れ方 の組み合わせ

になります。

その他にはおおきくなるにつれて、もっと複雑な動きが必要な

サッカーや野球、バレーボール、テニスなどをすることもあると思いますが、それらも

基本的な運動能力が備わっていると、基礎の習得や上達に差が出てくるとも言われているそうです。

 

ホップステップでは毎日運動を行い、子供たちの基礎運動能力の習得、能力の向上、体の使い方、体の成長に

繋がるようにサポートしていきたいと思っています。

その他何かご不明な点等ありましたらお気軽にお問い合わせください。