こんにちは。

最近は上着ももういらないくらい温かく、日中は汗ばむくらいの

季節になってきましたね。

高津区、宮前区の放課後等デイサービス、ホップステップでは、

先週運動プログラムの一環として「しっぽとり」を行いました。

施設の中という狭い範囲でしたが、児童たちも非常に楽しみ、汗を流していました。

今回なぜしっぽとりを行ったかというと、運動するときに必ず必要になる

有酸素機能を高めるためです。

有酸素とは、脂肪や糖質を酸素によってエネルギーに変えながら行う、

規則的な繰り返しのある比較的に軽い運動のことを言います。

例えば、ジョギング、ウォーキング、水泳、エアロビクスダンスなどがあります。

アメリカの大学の研究者によると有酸素をしている子供ほど脳内の白質の密度が濃く

これは記憶力や集中力が高いことを示すという研究結果も出ているそうです。

このようなことから、今回のしっぽとり等の有酸素運動を行い、

体力の向上ももちろんですが、記憶力、集中力も高めていければと思っています。

このように、高津区、宮前区の放課後等デイサービス、ホップステップでは

様々な運動プログラムを行っています。

何かご不明な点等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

齋藤